長女・運転免許をとる

長女が、車の免許を取った。

長男は免許をまだ取っていないので、我が家で初めての
新米ドライバーだ。

教習所に通っていた頃、長女に「どんな感じ?」と聞くと
「らくしょー全然よゆー♪」と返ってきていたので
「ふーん」てなもんで、さほど心配していなかった。

免許証がもらえたという事は、それなりに許可されたと思っているので、
早速私の車でドライブに行くことにした。
私の車は7人乗り普通車で、乗った感じは、
『教習車よりはやや横幅広いかな?長いかな?』というくらいで、
「余計めに避けてね・回ってね」と言っておけば大丈夫かと考えていた。
購入した彼女の車は軽自動車なので、その前に
大きい車の感覚で慣れてほしいとの願いも込めて。

「じゃあ、いくねー♪」

いよいよ初のドライブ、スタートです。


ひいいいいいいい。

待て待て待て待て!

スピード出せ!スピード落とせ!

驚いたのなんのって。ガチ目にしっこちびりました。

歩道に寄ったり、センターラインに寄ったりと、好き放題にフラフラ。
きっと目線が遠くを見られずに、手前しか見えてなかったんだと思う。
右左折はチャリに追い抜かれるスピードで回り込み、100メートルはそのまま速度キープ。出せ出せ。
停止線はないけれど、見通しの悪い交差点でNOブレーキのまま華麗に突入してた。
そして、きついカーブでは対向車のどてっばらギリギリまで寄る
「お前は10t ダンプか!」というほどの大回りをして見せてもらって、
私は生まれて初めて叫ばないように、自分の口を自分の手でふさいだ。
叫んだら長女がびっくりして確実にアクセル踏むと思って。100%死ぬので。

この人に免許発行したの誰だ!出てこい!
教習所の教官は、まじでこんな経験毎日してるの?まじで?

私にも、助手席のブレーキが欲しかった。
アマゾンで売ってたら翌日配達で絶対買ってた。
当の本人はスマホで音楽を流しながら運転して「いいねえ」とご満悦だったが、
いいわけがない。もはや車の大きさ云々の話ではなかった。
このままでは、被害者が出る。
あまりにもあまりだったので、運転を交代して、
近くの特大駐車場にて改めて説明、路上練習を始めた。

試しに『白線をギリギリ踏まないように車を寄せて』
タオルを転々と置き『ここを踏まないように八の字で』
『この間をバックで駐車して』といろいろ試してみた。

やはり、というか前だけ見ていればいいと思っていたようで、
「なにが危険なのが分からない」という危険がたっぷりと潜んでいた。

危険予測は多ければ多いほどいいこと
車内のミラーは危険予測の為にあるので目視とセットで見ろ
ぶつかりそうならブレーキを踏んで止まれ
ギリギリまでトライすんな何度も切り返せ


を、翌日も翌日も徹底的に続けてやっと、車幅に慣れたのか、
スムーズに走れるようになった。本日、購入車と同サイズの
軽自動車の代車をだしてもらえたので、幅が小さくなった分、なんとか
公道を走っても被害者の出ないところまではいったと思う。

長女の目標は、弟の部活送迎をしてやること。
目標があると燃える長女は、私の容赦ない説教も真面目に聞いていた。
安全運転ができるのが、まず第一だもんね。えらい。

泣きそうな顔で力いっぱいにハンドルを握る長女を見て
「あと何回こんな顔見られるのかな」そんなことを思った。
これからは、社会に出て初体験の何もかもを歯を食いしばっていくんだよなあ、
私もそうだったように『母親に泣き顔を見せる』なんてしてくれないだろうな、と。
私も、知らん顔して笑っていてあげられるように頑張らないとなあ。

ドライバーが一人増えて楽になると思っていたけれど、まだまだ先だった。

心配が倍になった。参った。

心配が消えるまであと半年くらい?
自分でひやりを経験しながら、安全運転を身につけていってほしいと願っている。

最後にもう一回言う。

こんな状態で免許やったらいかんで!!


目指せ!無事故!無違反!

かーつぼ

女。過去の写真は半笑いのものしかありません。
得意顔は、半笑い。人生も、そんな感じで生きてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。