脳みそが暴走してフル稼働して狂いそうになると知った【子離れ】

f:id:ka_tubo:20210405092501j:plain

長男が我が家から巣立っていき1週間が経った。

巣立つまでは「まあ、元気でやれよ」なんて

気軽に考えていたんだけれども、長男がいなくなった途端に、

何をするにも結構どっかりと疲れやすくなって。

なんだ。どういうことだ。

そうは言っても、こちらはこちらで通常の生活が繋がっており、

長女も次男もすくすくと毎日を味わって生きている。

そして私もその中にこっそりと混じり、しっかりと笑い倒して生活していて。

落ち込む事案もないし、生活が辛い訳でもなくて。

なのに。なのに、少しだけしんどい。

私の身体に何が起きているのだろうか。

f:id:ka_tubo:20200708165305p:plain

「身体を半分に裂かれたように」死ぬまでに一度は

言ってみたいフレーズと思うけれど、今回は全然そんな感じは、しない。

むしろ、「私が分裂して、同時進行で世界のどこかで生きている」様な、

常に脳みそが強制的に動かされている様な感じがする。

夕飯を作り、長女と次男とその日あった事を話しながら身を捩って大笑いする。

そして顔を上げる時には「あいつは今日何を食べたんだろう」

試合を応援しながら「寒くないか?長男」と

字幕のテロップのようにすーっ・・・と脳に流れてくるのだ。

きっと、長女だって次男だって口には出さないが、そうなのだろう。

 消しても消しても頭によぎる【我が家にいない長男】。

【子離れの葛藤】

もう少し経過を見ないと判らないが、きっとこれなのだと思っている。

自分で意外だと思った。

私自身、あまり人に執着する事もなく、

子育てに「持論」という程のものはないが、

「親兄弟でも1人の個体。相手を理解する努力を。分かって欲しければ行動を」

それだけを子育てテーマとしてきた。

大人だから、子供だからと主語を大きくせずに、

私個人と 子供一人一人との共同生活の様に育ててきた。

なので、順当に長男から巣立っていく事は理解してきたつもりだったし

翌年は長女、そして最後に次男となり最後は私が一人残り、振出しに戻る。

そらそうだろ、としか思っていなかった。

 年子で産んだのだから、それこそ毎年、ひとりづつ我が家から

 巣立っていく想定なんか、嫌という程していた。

それがである。

しっかりと気になって心を持っていかれてしまい

【綺麗事ばかり言っていた癖に、子離れ出来ねえってか、おい】

と連日惑っている。

f:id:ka_tubo:20200708165305p:plain

 参ったなあ。

しっかり母ちゃんなんかじゃ、ないじゃん。私。

こんな喪失感、来年も、また翌年も味わうのか・・・。

正直、「子育て終了」「手が離れた」と安堵しているが

自分自身の満たし方を忘れてしまっている事に気づき、焦っている。

このままじゃやばい。

せっかく子離れの試練を長男が教えてくれたのだ。

長女と次男との残り少ない生活を満喫し、

そして満タンの笑顔で送り出せるように、

今から【私の人生】を探しておかなくては、と思う。

2020/04

かーつぼ

女。過去の写真は半笑いのものしかありません。
得意顔は、半笑い。人生も、そんな感じで生きてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です