かーつぼ流?ってなんだ?子供との関わり話

2022年、明けましておめでとうございます。
1月も10日を過ぎてからこんなこと言ってるかーつぼを、
みなさまどうか令和4年もよろしくお願いいたします。


『かーつぼ家の子育て流儀を書いてみませんか』そんなお話を頂きました。
Twitterでアンケートなるものを初めてしてみまして。沢山の方にご協力をいただいた上に
『読みたい』と言っていただいて、大変恐縮しました。この場で深く感謝申し上げます。

前向きに考えて、現時点での契約は待っていただくことにしました。
まずはこのブログで書き溜めてみるところから始めてみて、
その後で改めてお話をさせていただくことになりました。

締め切りのある契約をして、絞り出すように子どもとのエピソードを書くのは
少し不安がありましたし、そもそも書けるつもりなのかよ貴様!というDMが
じゃんじゃか届いたら、多分泣きます。

一番引っかかっている点は、そもそも私は「まだ子育て真っ最中でした!
という立ち位置でした。来年、次男が巣立って、やっと子達全員手から離れるんです。
来年の次男の巣立ちまでに、彼が大きく道を外すかもしれないし、明日長女が
クルクルパーマでチェーンを振り回し始めるかもしれない。

我が家の流儀と言われても「流儀・・・そらなんですか?」な私ですから
子育て話と言われても、はて。私はどうやって子供達と向き合ってきたんだったか・・・
あはは。半分ボケてきてますからね。

山下ぱっかーん、ですから。(ついてきてください)

そんな私の途中経過の流儀なんて、危なっかしいったらありゃしない。


なので、手始めとしてこのブログで少しづつ書いてみますので、
皆様、もしもよろしかったら読んで頂けると漏らして喜びます。

皆様にとって、幸多き良き1年となりますように。

令和4年 1月 かーつぼ

かーつぼ

女。過去の写真は半笑いのものしかありません。
得意顔は、半笑い。人生も、そんな感じで生きてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。