【日常】 10月19日 ~ 10月26日

2021/10/26(火)

今日も今日とて子供達の学校の送迎。
ハンドルを握っている時間は、タイムスケジュールや思考の整理、
振り返っての反省や切り替えになって、個人的に好きな時間。

そんな私のゆっくりした空気が伝わるのか、車の中では
子供達も学校であった事や、思っている事を素直に話してくれる気がしている。

そんな帰り道、「やばい!あれ見て!」と長女が叫んだ。

 

急に叫ぶなよ心臓割れるがな、と横を向くと

 

虹!  でええええっかい虹がありました。

 

いやあ!驚いた。こんな大きい虹初めて見た。

端から端まで綺麗な半円を描いて、夕日に映えて見事だこと。
車を近くの駐車場へ留め、しばらく長女と2人無言で眺めた。

そして、感嘆しきった長女がぽつりと言った。


「・・・私、たった今から心が綺麗になった」

 

・・・お。おう。そうか。それは何よりだ。

急にこわっ。つかさっきまでは、汚れていたのか?

お年頃の感受性にゴンゴン響いたらしい長女。
どうぞこのまま、心の綺麗なレディになってくれたまえ。

 

「なんかいい事が起こりそうだね」
2人でひとしきり笑った後、家路に急いだのでした。


帰り道も夕日の光線が炸裂していて、叫びながらのドライブでした。

 

 

画像が傾いていますが、みなさんへお裾分け。
どの方も健康で、たくさん笑って、心安らに、まっすぐ幸せに向かいましょ!
(相変わらず欲張り)

 

2021/10/20(水)

ほぼ毎日車に乗るのだが、自分の若い頃の運転と、今の自分の運転を比べる事がある。
若い頃はスイスイ行けたのになあ。とか、こんなにしつこく周りを確認していたっけ・・・
なんてふと思ってしまうのだ。

きっと、若い頃も同じことをしていたはずだが、脳みそが老いて時間が余分にかかるようになったんだと思う。
車線変更や合流も何気なく確認出来て、そのままアクセル・ブレーキに反応出来ていたんだ。

今じゃ、黄色に変わった信号が見えても、見えているだけで認識までが超ノロマ。
よいこらとブレーキを踏んで、やっとこさなんとか対応できている状態で
「勘弁してくれや、鈍すぎるだろ自分」
思わずセルフ突っ込みしてしまう。信号機の黄色タイムって、昔はもっと長くなかったか?
そんな訳ないわよね。

赤に変わるまでの【黄色タイム】。もう少し長くしてもらえませんか。
(誰にお願いしているのですか)

体感で短く感じるという事は、瞬発力が確実にババアになっている。
こりゃいかんぞ。なんとかせねば。

あ、飛んでいる蚊は、100発100中で手のひらでパチン!出来る。
集中力の問題なのか?  うむむむむ。

 

2021/10/19(火)

10月も後半に入ってしまったとかマジですか。
「えー。もう?今年も終わってしまうじゃないか!」毎年言っている気がする。

しっかりババアなので、先月の9月の記憶がない。
朝にコーヒーを飲もうとインスタントのコーヒー粉をぶちまけ、
寝ぐせのままお弁当を叫びながら詰め、車で子供を学校へ送ったら私の1日は終わったようなものだ。

家事とか家事とかどこ行った?と多分間違えているけれど、私の感覚ではそんな感じ。

【1日】という概念が無茶苦茶になってきている。
なんだか区切りなくずっとずっと、【ほわんほわん】して生活している。

夜は子供達と映画やドラマを見て、美味しいお酒を頂いて、
時には夜更かしや寝坊しながら、しっかりと眠る。

悩みがない訳ではないのだが、厄介事がチラチラと頭をよぎりながらも
「ま、これで死ぬわけでなし」と、碌でもない生き方をしている気がする。

真っただ中過ぎて自覚がないだけで多分、私は今幸せなんだろうなあ、と思う。

何も有意義なものは生産していないけれど、誰かを傷つけていない安心感。

こんな何でもない日々こそ、最後までしっかり覚えていたいと思う。

かーつぼ

女。過去の写真は半笑いのものしかありません。
得意顔は、半笑い。人生も、そんな感じで生きてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。