【日常】 2022年5月

5月27日(金)

そろそろ、五月もしっかりと終わってしまう。
昨日何を食べたかも思い出せないのに、また新しい月が来るというのか。
お構いなしである。

長女は運転ができるようになり、時間を惜しむように彼氏や友達と会って充実しているようだ。
なによりな事。何事も倒れる直前まで走り続ける彼女には、要所要所で疲れをほぐして過ごしていって欲しい。付き合いの長い彼氏とは、そろそろ未来を考えた話もしているという。益々喜ばしいことだ。

「愛」は確かに大切なものだけれど、これだけでは一生を共に過ごすことは難しい。そもそも、愛の熱量を永遠に保ち続けることは不可能だと思っている。一生を共に歩むためには【信頼】と【ほどよい心の距離】が必要。【四六時中一緒にいてもいなくとも、不安になる必要がない、なぜなら心配する必要が無いから】これらを築くことが出来たら多くの問題は回避できる。こう言ってはなんだが、私の手に入れらなかったものだ。泣いてませんよ。いいですか?泣いてなんかいません(鼻水ずばー)

長女の彼氏は、母親の私よりも長女の扱い方を知っている。彼氏にとっても長女はそうなのだろう。
またまた、長女は自分の足で階段を上がろうとしている。我が子ながら尊敬する。

お菓子食い散らかしたまま片付けないけれど。

5月18日(水) 衝撃の衝突。

今日は次男の肩の病院に行ってきた。
次男は長年【野球肩】というものに悩まされている。元来が華奢な骨付きなので、関節に無理が来ているのだと思う。長い野球生活もあと2か月余り。なんとか悔いのない一球を投げて終わってほしいと願う。

それはそうと、同じく診察を受けに来たのであろう女性がバック駐車をしようとして、立体駐車場の支柱に迷いなく後方ライトをぶつけていく瞬間を見た。何度聞いても鉄のぶつかるあの音は心臓に悪い。降りようとしていた私と次男も思わず「うっわっ!」と声を出してしまった。いい速度で下がったから、支柱の事なんてなにも疑わなかったんだろうと思う。あの女性は、診察が終わって帰りながら、凹むんだろうなあ・・・あの人に明日いいことがありますように。

何が恐ろしかったって、その女性が始めに駐車しようとしたのが、私の車のすぐ横だったって事。少し狭かったから諦めたらしいけれど、なんかごめんなさい。

5月16日(月) 荒ぶる好奇心。

あああああ。また月曜日が来た。1日というのか、1週間というのか。
はたまた1か月というのか1年というのか。どうしてこんなにも光の速さで時間が消え去ってしまうのだろうか(ババアだからです)。

そういえば最近、なんとなく1日を捨ててしまうことに焦りというのか、
勿体ないという感覚がある。無性になんでも知りたくて、口には出さねど「なんで?」
「どうして?」と、頭の中が知りたがりのエジソン君だ。

昨日まで知らなかったことが今日知れると、途端にワクワクしてくる。
キノコの種類だって、クレヨンの使い方だって、深海に住む見たことがない生物だって、言葉の由来や自衛隊の車両一つにだって刺激をもらっている。

だからと言って人間的に何か大きくなったかと言えば、全然そんなことないのにね。
きっと【昨日の私】に、胸を張りたいんだと思う。いばりたがりの年頃。

5月11日(水) 心の痛み。

朝から悲しいニュースを耳にした。次男を学校へ送っていく途中の事だった。いつもすぐ裸になりたがるのに、下世話な事が苦手で、後輩や家族思いの優しい芸人さんの訃報。私のショックの大きさは、きっと読んでいる皆さんと同じだと思うので、あえてここでは書かないことにする。

仕事をしながら1日、何度か涙がじわっと出た。正直大好きで仕方なかった訳ではないけれど、テレビで必ず柔らかい笑顔を見せてくれる安心感がすごくて、いじられる姿も頼もしく。
私は「存在するだけ」で「芸」になる人なのだなあと思ったものだった。裸でお湯に落ちているのに。

思い出そうと頭に思い描く彼が、どれも笑顔だった。本当にすごい人だったんだなあと思った。
真実は誰にも分からないし、知ろうとしてはいけない。本人だけが胸に抱いて旅立っていったのだ。
どうかそれだけの決心をした彼が、心の苦しみからすべて解放され、楽になっていて欲しいと祈る。
そして心からの「お疲れさまでございました」と「ありがとうございました」と祈りたい。
合掌。

5月6日(金) 自分だけ休む至福。

この連休、長女はカレンダー通りに飛び石で仕事。
次男は連休中もずっと部活に勤しんでいる。
私は9日まで休みなので、ここぞとばかりに羽を伸ばさせてもらっている。
こんなにたんまりとした時間が出来たのだから、掃除の一つでもすれば良いものの、
読書をしたり猫動画やTwitterを漁ったりして、自堕落に過ごしては笑っている。
かといって悔い改めることも無く、本当にたちが悪いババアだと改めて思う。

今夜はどんなご飯を出そうかな。美味しいって言ってくれたらいいな。
帰ってきた子供たちから、何の話が飛び出すだろうか。楽しく過ごせたかな。
何をつまんで美味しいお酒を呑もうか。

お茶を沸かしながらそんな事を頭に浮かべているくらいだから、
私はまだ幸せなんだなと、ふと、思った休日。




かーつぼ

女。過去の写真は半笑いのものしかありません。
得意顔は、半笑い。人生も、そんな感じで生きてきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。